こんな症状には要注意

2021年3月29日更新

金属サイディング外壁のメンテナンス方法

金属サイディングのメンテナンス方法

外壁サイディングの中でも、特に施工性が高く人気を集めている、金属サイディング

ガルバリウム鋼板や、アルミステンレスなど、様々な種類があります。

今回はそんな金属サイディングのメンテナンス方法について紹介します。

金属サイディングとは

金属サイディングとは

金属サイディングは、その名の通り金属で作られた外壁材です。

最も支持されている窯業サイディングと違い、施工性や耐久性、断熱性に優れ人気が高まってきています。

金属サイディングの中でも、特にガルバリウム鋼板がサビに強く注目されています。

軽量なため地震に強く、建物に負担が少ないというメリットがあります。

しかしながら、費用の高さや、施工できる業者自体が少なくメンテナンス時などに

困ってしまうというデメリットはありますが、それを除けばかなり有能な外壁材と言えます。

金属サイディングのメンテナンスについて

金属サイディングのメンテナンスについて

メンテナンスの目安

金属サイディングのメンテナンスの目安は10年~15年前後と言われています。

この時期になると、チョーキングが発生していたり、色褪せ、サビが発生していることがあります。

そういった劣化のサインが出ていた場合、メンテナンスを行う必要があります。

特に金属サイディングで注意すべきなことは、傷です。

金属が傷ついてしまうと、そこから全体へサビが広がっていき手がつけられない状態になってしまいます。

ですので、万が一傷をつけてしまった場合は、早急にメンテナンスを行いましょう。

メンテナンス方法

通常、サイディングの寿命は30年といわれています。

しかし、この寿命はしっかりとメンテナンスを行なった上でのものです。

ついつい見逃してしまいがちですが、

放置したままではすぐにダメになってしまいますので必ず定期メンテナンスを行いましょう。

メンテナンス方法は主に2つあります。

<外壁塗装>

外壁塗装

劣化が軽度の場合や、定期メンテナンスとして行う場合は塗装が手軽かつ効果的と言えます。

しかしながら、一度金属サイディングへ塗装してしまうと、

金属そのものの機能が発揮できなくなってしまうため、塗料の性能に依存してしまうのがデメリットです。

<張り替え>

張り替え

もし一部に亀裂や凹み、サビなどがある場合は、部分的に張り替えを行う必要があります。

しかしながら、部分張り替えを行うとなると、同じサイディング材を使う必要があります

かといって、必ずしも同じサイディング材が販売されているかわかりません。

もし廃盤になってしまっていたら、部分張り替えは難しくなってしまいます。

その場合は、重ね張りか、張り替え工事を行う必要があります。

どちらもサイディングを全て一新する形となるため、費用こそかかりますが、

新しくなることで耐久性や性能が上がり、安心感が違います。

お客様のご予算や要望に合わせて、メンテナンス・工事を行なっていきましょう。


埼玉県西部、群馬県南部の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
有限会社カイセルーフ
https://kaiseroof.com/
住所:埼玉県児玉郡上里町七本木3648-7

お問い合わせ窓口:0495-33-2270
(8:30~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:児玉郡、大里郡、比企郡、本庄市、深谷市、秩父市、高崎市、前橋市、伊勢崎市、太田市、藤岡市、安中市、甘楽群、多野郡、佐波群、邑楽郡

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://kaiseroof.com/case/
お客様の声 https://kaiseroof.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://kaiseroof.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの? どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://kaiseroof.com/contact/


 お問い合わせ