こんな症状には要注意

2021年3月29日更新

トタン屋根のサビ・はがれの補修方法

トタン屋根のサビ、はがれの補修方法

かつて、日本の多くの住宅で使われていたトタン屋根

現在は様々な屋根が台頭してきた影響で見かけることは少なくなってきましたが、長い間愛されている屋根材です。

そんなトタン屋根のサビ、はがれの補修方法について紹介します。

トタン屋根とは

トタン屋根は、住宅だけでなく工場、倉庫などに使われる金属屋根の一種で、

薄い鋼板に亜鉛をメッキした板で作られています。

日本では大正時代から普及し始め、安価で工期も短いことから戦後に爆発的に流行しました。

トタン屋根のメリットは、なんといっても軽さ

一般的な瓦屋根の10分の1ほどの軽さで、地震や積雪に強いのが特徴です。

また、材料費・施工費が安く工期も短いのも魅力です。

さらに、傾斜の浅い勾配でも使うことができるため、低い建物にし強風の影響を軽減できるメリットがあります。

しかし、薄い鉄でできているため断熱性が低いことや、防音性の低さで雨音などが

室内にまで大きく響いてしまいます。

また、錆びやすく耐久性が低いため、メンテナンスが大変というデメリットがあります。

現在はトタン屋根の材料にアルミニウムを混ぜた「ガルバリウム鋼板」が活躍しています。

この屋根材はサビに強く軽量なため、トタン屋根の上位互換として人気を博しています。

劣化の原因

1 , 経年劣化

一番考えられるのは、経年劣化です。

上記でも述べたように、トタン屋根は錆びやすく雨などに晒され続けるとすぐに劣化してしまいます。

定期メンテナンスなどでしっかりと管理していきましょう。

2 , 落下物、飛来物などの衝撃

台風の際に飛んできたものが衝突したり、地震で力がかかると、

薄いトタン屋根は凹んだり傷がついてしまいます。

この場合は放置せずにすぐに対処すべきです。

補修方法

補修方法

トタン屋根などの金属屋根は、基本的に屋根塗装で補修できます

一般的には5~10年の目安にして塗り替えを行うことをお勧めします。

もちろん、住んでいる地域や屋根の劣化具合なども考慮しながら判断して下さい。

劣化の一番わかりやすいサインは、色褪せです。

これを放置していると、腐食が進んでしまうので、注意しましょう。

少しでもサビなどがあれば、塗装を行うことでまたしっかり機能しますので、見つけたらすぐに行いましょう。

屋根塗装では補修できない場合

屋根塗装では補修できない場合

ある程度のサビ・はがれは塗装でなんとかなりますが、

雨漏りがひどい場合や、穴が開いているといった場合は、屋根の葺き替え工事が必要になってきます。

応急処置としてコーキングで埋めたり、シートやテープで止めることで一時的に収まりますが、

必ず早急に業者さんへ連絡しましょう。


埼玉県西部、群馬県南部の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
有限会社カイセルーフ
https://kaiseroof.com/
住所:埼玉県児玉郡上里町七本木3648-7

お問い合わせ窓口:0495-33-2270
(8:30~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:児玉郡、大里郡、比企郡、本庄市、深谷市、秩父市、高崎市、前橋市、伊勢崎市、太田市、藤岡市、安中市、甘楽群、多野郡、佐波群、邑楽郡

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://kaiseroof.com/case/
お客様の声 https://kaiseroof.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://kaiseroof.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの? どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://kaiseroof.com/contact/


 お問い合わせ